思わぬ在庫

12日の土曜日に車の定期点検を行きつけのディーラーで行った。
そのディーラーには以前同じ会社に在籍していた職場は違うが仲のいい後輩が勤務しており、雑談しているうちに在庫の話しになった。
比較的車関係の在庫管理はきちんとしているものと思っていたがどうもそうではないらしい。
件の彼の話しによると修理で必要になる部品などがなんらかの理由によって在庫になっていくのだそうだ(なんらかの理由は聞いたがここでは省く)
精密関係の仕事をしていたのでかなり在庫に関してはシビアにやってきたためそれが当たり前の感覚であったのが、ことこの会社に来てからはあまりのズサンさに彼も驚いたそうだ。
その会社に初めからいる者にとってはそれが当たり前になってしまっているから不良在庫が発生していてもなかなか気付きにくい。

この件に関しては組織上の問題もあるかもしれないが防ぐことができるだけに残念である。

在庫は財産という言葉もあるが今のような時代にはとりわけ虚しく響く言葉だ…
[PR]
by ganfuku1 | 2005-11-14 17:57
<< ボールペンと替え芯 ソーセージの値段 >>